ノーコード・ローコード

(Bubble)SEO対策をする

BubbleはSEO対策ができないという記事を見かけます。しかし有料プランにするとSNS対応や独自タグを書くことができます。 無料プランでは、以下のように「Expose the type of tags for text
tender6admin
1 min read

(Bubble)独自ドメインでサービスを開始する

Bubbleで独自ドメインを使ってサービスを開始する手順をまとめました。 Bubbleは無料プランでは「my-service.bubbleapps.io」のように「bubbleapps.io」というドメインで公開されます
tender6admin
24 sec read

(Bubble)AWS Amazon S3に動画ファイルをアップロードする

Bubbleで有料プラグインを使ってAmazon S3に動画ファイルをアップロードします。
tender6admin
17 sec read

(Bubble)日次バッチを定期実行する

はじめに 定期的に、たとえば毎日決まった時刻に、同じ処理を実行したい時があります。例えば、新規登録者にサンクスメールを送るなどです。毎日同じ処理を実行するので「日次バッチ」と呼ぶこともあります。Bubbleでは、有料プラ
tender6admin
28 sec read

(Bubble)Listの「:item #0」は常に空

忘れがちなのでメモ。 BubbleにはList(変数の集合)があり、text型のList、number型のListなどを作る事ができます。Listの最初の要素を取り出すには「:first item」を使います。n番目の要
tender6admin
4 sec read

Bubbleプラグイン「Animated backgrounds – Waves」を公開しました

Bubbleで、指定したIDのエレメントの背景を波のようにアニメーションさせるプラグイン「Animated backgrounds - waves」を作成しました。
tender6admin
8 sec read

(Bubble)検索結果から重複を排除する

概要 BubbleでDo a search forを使って検索した結果から重複を排除するには、「:grouped by」を使用します。 事例 例えば、貸し会議室の予約システムを想定します。「本日利用可能な会議室を表示した
tender6admin
9 sec read
Bubbleでチャットワークにメッセージを送信する

(Bubble)チャットワークにメッセージを送信する

概要 Bubbleからチャットワークの指定ルームにメッセージを送信するには、チャットワークの提供するAPIにアクセスします。 APIトークンの取得 チャットワークのAPIにアクセスするには、「APIトークン」という文字列
tender6admin
37 sec read

(Bubble)ストアでプラグイン販売をする準備をしよう(その1・販売者の登録とStripe連携)

概要 以前、Bubbleでプラグインを作成する方法を解説しました。 今回は、作成したプラグインを公式ストア「Bubble Marketplace」で販売するための手順を説明します。 ソースコードをGitHubで管理する(
tender6admin
18 sec read