「flutter doctor –android-licenses」が返ってこない時の対応方法

概要

FlutterをWindowsパソコンにインストールする時に、試行錯誤をしていると、flutter doctor --android-licenses コマンドが返ってこなくなる場合があります。
エラーは出ず、コマンドに応答がありません。Ctrl-Cでも返ってきません。

Windows10と、Android Studio Chipmunk | 2021.2.1 Patch 1 の組み合わせで発生しました。

原因

SDK Toolsの「Android SDK Command-line Tools (latest)」のインストール・アンインストールを繰り返すと、latestフォルダではなくlatest-2フォルダにインストールされてしまうのが原因です。
(latestフォルダの中にはbinフォルダは無いが、libフォルダが残っているので、気を利かせて別なフォルダを作ってくれる)

対応

latestフォルダをlatest-oldにリネームして、正しくインストールされているlatest-2フォルダをlatestフォルダにリネームします。
Android Studioを再度起動し、SDK Manager内のSDK Tools画面を開き、Command-line Tools (latest)がインストールされているのを確認します。

PATHも書き換えてしまった場合は、C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Android¥Sdk¥cmdline-tools¥latest¥bin のように、本来のディレクトリに直します。

メモ

エディタ(IDE)のインストールは、サイトによってVisual Studio 2022(紫色のアイコン)と、Visual Studio Code(青色のアイコン)のどちらを入れるのか、流派があるようです。

私は事例が多そうなのでVisual Studio Codeを入れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。