(Bubble)ストアでプラグイン販売をする準備をしよう(その1・販売者の登録とStripe連携)

概要

以前、Bubbleでプラグインを作成する方法を解説しました。

今回は、作成したプラグインを公式ストア「Bubble Marketplace」で販売するための手順を説明します。

  • ソースコードをGitHubで管理する(必要に応じて)
  • 編集者アカウントを招待できるが、編集者の変更は保存されずGit commitもできないので、販売アカウントで編集・テストを行う。(今後改善されるかも)(「Settings」ー「Other plugin editors」の部分です)。

販売者の登録とStripe連携

販売用Bubbleアカウントの準備

必須ではありませんが、誤操作の防止のため、販売用と普段使う用でBubbleアカウントを分けた方がよいでしょう。

販売者のメタデータの登録

Bubbleの右上のメニューから「My account」ー「Marketplace」で、販売者情報を登録します。

販売者情報の登録
  • 名前(Name)
  • ロゴ画像(Logo/Icon)
  • ホームページ(Website)
  • 所在地(Location)
  • 自己紹介(About me)
  • サポート用メルアド(Support email)
  • いくら以上になったら支払いするか(Transfer when payout exceeds)
  • 売れたらメールで通知するか(Email me when an item is bought)
  • プラグインが削除されたらメールで通知するか(Email me when a plugin is removed)

設定後は「 Visit contributor page」ボタンをクリックすると、他の人から見られる販売者ページが表示されます。

販売者ページの表示

Stripeアカウントの開設

売り上げを受け取るには、Stripeのアカウントが必要になります。Stripeの公式ページから登録します。

StripeアカウントをBubbleに登録

Bubbleの右上のメニューから「My account」ー「Marketplace」で、下の方にある「Register as a seller with Stripe」をクリックして、Stripeの画面に遷移し、連携します。

連携すると、Bubble側のボタンが「Authenticated as a seller with Stripe」に変わります。

BubbleアカウントをStripeと連携

GitHub連携(必要に応じて)

バージョン管理やバックアップが欲しい場合は、Bubbleの右上のメニューから「My account」ー「Account」で、「Link Github account」をクリックして、GitHub連携しておきます。
Privateリポジトリの作成や表示の権限が必要ですので、専用のGitHubアカウントを用意してもいいでしょう。
なお、1つのGitHubアカウントに複数のBubbleアカウントを紐づけることはできません。


いかがでしたでしょうか?
次回はBubbleプラグインを作る際に必要な作業を紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。