Python

django-allauthで、CustomUserを使って複数種類のユーザを管理する(multi type user)

Djangoで、複数のユーザ種別を作れるシステムが欲しい 「サプライユーザ」「バイヤーユーザ」の2種類のユーザを作れるようにする ユーザ種別ごとに、異なる属性を持たせる サプライユーザは会社名、バイヤーユーザは最寄り駅を登録できるようにする
tender6admin
2 min read

Django-allauthでテンプレートを上書きするには、account配下にテンプレートを作成する

Django-allauthでテンプレートを上書きするには、account/login.htmlのように、account配下にテンプレートを作成します。 プロジェクトフォルダ内で管理できるので、venv/lib/python3.6/site-packages/allauth/account/templatesにあるファイルを書き換えずにすみ、Gitなどでバージョン管理する際に楽です。
tender6admin
19 sec read

djangoでrunserverで開発用サーバを起動しようとしたら、「raise ImproperlyConfigured」が出て起動しない場合の確認と対応

  • python3 manage.py runserverなどで開発用サーバを起動しようとしたら、以下のメッセージが出て起動しませんでした。
tender6admin
1 min read

openpyxlでiter_rowsを先頭に戻すには、load_workbookでファイルを読み込み直すしかなさそう

  • pythonでEXCELを読み書きできるopenpyxlライブラリがある
  • iter_rowsメソッドでEXCELを1行ずつ読み出せる(DBのカーソルに似ている)
  • ws.append()で行を追加した後で、先頭からもう一度処理しようとすると、イテレータが末尾に移動したままで、先頭に戻らない
tender6admin
6 sec read

Pythonのargparseで「’required’ is an invalid argument for positionals」が出たら、requiredを消せばいい

ドキュメントが少し分かりづらかったのでメモ。

tender6admin
7 sec read

Pythonのunittest.Mockでスタブを作って単体テストする

  • 自作クラスに対して、unittest.mock.MagicMockを使ってモックを作成してテストする。
tender6admin
26 sec read

Pythonの組み込み関数openのモックを作って単体テストする

実ファイルを使わずにテストしたい場合、ファイルopenメソッドのスタブ(モック)を作ってテストします。
tender6admin
42 sec read

django-allauthでログイン機能(ユーザ認証機能)を実装する

Djangoのログイン機能(ユーザ認証)の実装には、標準のdjango.contrib.authがある。(公式ページ) django-allauthを使うと、簡単に実装できる TwitterアカウントやGitHubアカウントなどでもログインできる。公式ページ、ドキュメントを参照。個別に設定が必要なので、今回は割愛。 今回は、メルアドとパスワードでの認証にする
tender6admin
55 sec read

Djangoでページネーションを使う(django.core.paginator)

  • 1画面に表示する件数が多かったので、ページネーションを追加する。
  • 標準のdjango.core.paginatorを使う
  • 環境は、Python 3.7.0 + Django 2.1.3
tender6admin
1 min read